ツキノカゲ
+OTHERS

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブルース・ハープ | main | LOST シーズン1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ナルニア国物語-第1章:ライオンと魔女-
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

今日は【ナルニア国物語-第1章:ライオンと魔女-】見てみました

原作は 英国人作家『C.S.ルイス』が1950年から1956年にかけて発表
 あの【ロードオブザリング】の原作 『指輪物語』
  そして 昨日から公開の【ゲド戦記】
この3作が世界三大ファンタジーといわれているみたいです

感想ですが
 とっても 童話って感じですが
  ディズニーって事もあってか 凄いまでのCGです
   もう実写がどこまでか どれがCGなのか
    一部モロに分かる所はありますが えらい事です
 物語的には 兄弟愛を題材にした アドベンチャーですが
  十分大人の人も見れちゃうので 家族揃って見て見て(*´I`)(´I`*)ネー

では ちょとあらすじ
 時代背景は第二次世界大戦下のロンドン
  あちらこちらで 戦争の砲火で町はあれ
   子供たちは 疎開を余儀無くされ 家族はバラバラに
ベンジー家の4人兄妹も 親から離れ疎開をするのだが
 4人兄妹は ある教授が住む古い屋敷に疎開する
  4人は退屈しのぎに 鬼ごっこを始める
そして 末っ子の『ルーシー』の隠れた部屋に
 シーツをかけられた立派な衣装ダンスが
  『ルーシー』は 迷わずタンスの中に隠れるのだが

その 扉の先は 真っ白な雪景色
 そして 見たことのない生き物まで…

さぁ ここから 4人の物語が始まります

魔女の魔法が支配する ナルニア国
 そして 4人の兄弟が ライオン『アスラン』と
  ナルニア国を救えるか?って物語です

まぁ 当たり前に救えるお話しですが…

内容的に 少し物足らないな〜って所はありますが
 退屈させない映像で
  物語の入り口としては成功作ですか(*´I`)(´I`*)ネー

では 見て見て(*´I`)(´I`*)ネー

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 公式サイト
http://www.disney.co.jp/narnia/


Yahoo!ムービー - 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』特集
http://narnia.yahoo.co.jp/
 

原作本
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り
C.S. Lewis, C.S.ルイス, 瀬田 貞二
| 映画[アドベンチャー] | 21:48 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:48 | - | - |
はじめまして。達也です。

『ナルニア国物語』みました。
ディズニーらしいファンタジーですが、
至るところにC,Sルイスのメッセージが
散りばめられている感じがしました。
確か、自分の姪にか誰かの為に書いたって
利いた気がします。
メッセージは、結城と愛と、礼節でしょうか。
TBさせてもらいますね。
| TATSUYA | 2006/07/31 5:11 AM |
はじめまして 達也さん

そうですね〜
かなり兄弟愛 そして仲間への信頼
 嘘 裏切りの重さ そんなメッセージは感じますね

姪の為に書いたとは 調べきれませんでした〜
 知識ありがとううございます

つたない BLOGですが
 また 遊びに来てください
| BReeD[管理人] | 2006/08/06 8:25 PM |









http://breed.jugem.jp/trackback/375
『ナルニア国物語』は、ディズニーのこと。
ロード・オブ・ザ・ディズニー。 「ナルニア国物語」のススメ C.S.ルイス物語リアム・デイル (2006/03/03)ハピネット・ピクチャーズ この商品の詳細を見る 正直期待してました。「ロードオブ・ザ・リング」を超える
| TATSUYAのレンタル映画レビュー | 2006/07/31 5:11 AM |
ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女
2005 米 監督:アンドリュー・アダムソン 出演:ティルダ・スウィントン他 声
| あまんしゃぐめの大好きDVD生活 | 2006/08/07 6:05 PM |